人気ブログランキング |

缶の裁縫ケース

d0376975_21370394.jpg

昨日、キルト日本展に行って来ました。
写真は撮れずに残念でしたが、どれも素晴らしい作品ばかりでため息しかでませんでした。

d0376975_21375857.jpg

東京都美術館ミュージアムショップで、記念にフィードサックのピンクッションを買いました。
フィードサックとは、アメリカの1920-50年代の穀物や飼料を入れる布袋のことで、かわいい生地で作られ、その生地を利用して生活用品を作るようになり、今ではこの30年間の布をヴィンテージとかサーティーズとか言って、キルターに人気の布です。

d0376975_21382223.jpg

そしてもうひとつ、東京都美術館オリジナルの限定お菓子缶。缶だけでも売っていましたが、最中のお菓子付きを買いました。
この大きさが、裁縫ケースにしたらいい感じという理由で選びました。

d0376975_21384805.jpg

蓋にキルト綿とお気に入りのパリの地図の布を貼りました。中にも厚紙に布を貼って入れてます。
ちょっと蓋がきつくなりましたが、いい感じにできました。

d0376975_21390885.jpg

裁縫道具を入れてみました。高さがあるのがいいです。

d0376975_21393151.jpg

裁縫箱や裁縫ケースやソソーイングボックスなど、いろいろ作りましたが、普段使いには缶が一番使いやすいです。
他にも薄型の缶に切った布の材料などを入れています。
上はUSJ、下はディズニーランドのお土産のお菓子缶です。
北斗星の丸い缶は、東京駅で以前買ったものです。
缶は、中のお菓子より、その缶の使い道を考えて買うことが多いです。


by azumame-handquilt | 2018-04-16 23:11 | 収納 | Comments(0)

趣味のハンドキルトとクロスステッチ作品と飼い猫のブログです。写真を勉強中です。


by azumame