人気ブログランキング |

クレイジーキルトの巾着

d0376975_20330272.jpg

2017年2月、手芸普及協会のパッチワーク講師養成講座のクレイジーキルトの課題で作りました。

クレイジーキルトは、ビクトリア時代に絹やベルベット、ビロードの布に刺繍やビーズ、リボンなどで装飾した豪華なものが流行りました。

アメリカでは、どんな布でも端切れをいかした実用的技法として利用されました。

なので、やり方にもいろいろな方法があります。
土台布に端切れを置いて、刺繍でとめていくやり方や土台に端切れを縫い付けていくプレストキルト的なやりかたなど。

今回は、プレストキルト的なやり方で作りました。


d0376975_20332851.jpg

課題は、綿は使わない、レースやビーズは控えめに(コラージュキルトではないため)、最低30㎝以上クレイジーをするなど、条件がありましたが、作るものは自由だったので、実用的な巾着にしました。

布もウール、ビロード、絹、サテンなど、普段は使わない布を集めました。


d0376975_20333902.jpg

大変だっのは、刺繍です。
刺繍糸はシルク糸です。

フェザーステッチ、レイジーデイジーステッチ、へリングボーンステッチ、ブランケットステッチなどに
フレンチノットやストレートステッチを組み合わせたりとこれでもかというくらいに刺繍を入れました。

クレイジーキルトの魅力の半分は、刺繍と言われるほど、刺繍は大事です。でも、フェザーステッチはどんどん広がっていくし、布の種類によっては刺しにくい...。
作るのに苦労した作品です。



by azumame-handquilt | 2018-06-08 21:12 | パッチワーク | Comments(0)

趣味のハンドキルトとクロスステッチ作品と飼い猫のブログです。写真を勉強中です。


by azumame